ニュース

公式ブックレット『R水素 〜再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち』

ブックレット『R水素 〜再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち』

英語版も販売中!

クラウドファンディングでご支援いただいた英語版が完成し、Amazon Kindleとネットショップで販売中です。Give back to the world.――あなたの支援が、よりよい世界となって返ってきます。

☞ An Official Publication of the Renewable Hydrogen Network


日本語版

水素はどこから来るのか、「R水素」と「Rじゃない水素」はどこが違うのか、といったR水素の基本的な知識から、すでに動き始めている世界の数々の事例までを、一冊のブックレットに。
あのテトリスの全世界のライセンサーによるハワイのR水素牧場の様子や、表参道で運転中のR水素マシン「Grid Free RH2」の詳細なども掲載。世界初のR水素ビルを完成させたグリフィス大学については、インタビューを交えて詳しくレポートしています。
また、IMF(国際通貨基金)発表のレポートをもとに、化石燃料への巨額な補助金による「見せかけの安いコスト」についても指摘。市民によるお金の流れを変える運動の重要性を訴える、これからのエネルギーを考える上で必須のブックレットです。

☞ 表参道で運転中のR水素マシン「Grid Free RH2」の詳細も掲載!

著者:江原 春義(NPO法人 R水素ネットワーク代表理事)
監修:山根 公高(水素エネルギー協会 評議委員)

972円(税込み)/A5判/102ページ
Kindle版 777円(税込み)
発行:R水素ネットワーク

取扱店
沖縄そば岡てつ(千歳船橋) 
from Earth Cafe OHANA(三軒茶屋) 
タイヒバン(吉祥寺) 
三宅商店(那覇・WEB) 
R水素ネットワーク OFFICIAL SHOP(WEB)
Amazon Kindleストア ※電子書籍のみ

Amazon Kindle版

続きを読む

表参道COMMUNE246に、R水素マシン「Grid Free RH2」デビュー!

表参道COMMUNE246 R水素マシン

未来のアンテナを持った人たちが集まる、都市のこれからを考えるコミュニティ空間としてOPENした表参道「COMMUNE246」。R水素ネットワークは、COMMUNE246内のシェアオフィス「みどり荘2」で、R水素マシン「Grid Free RH2」を設置、運転をスタートさせました。

「Grid Free RH2」は、太陽光パネルと接続。パソコンなどでソーラー発電をそのまま使えるほか、余った電力は水の電気分解でできた水素として貯蔵。夜間などソーラーで発電しないときは貯蔵された水素をもとに燃料電池で電気をつくるという、再生可能エネルギーと水の中にある水素によるオフグリッドのエネルギーシステムです。

☞ 詳しくは、公式ブックレット『R水素』をご購読ください。

表参道COMMUNE246 太陽光パネル表参道COMMUNE246 R水素マシン「Grid Free RH2」

現段階ではシェアオフィスの一部のエネルギーをまかなうという小さなモデルですが、このチャレンジは、巨大な送電線網に依存しない地域循環型のエネルギー社会のショーケースとして大きな一歩だと思っています。
「水」の文字を提供してくれた書道家の原田万美さん。
右の写真は、「水」の文字を提供してくれた書道家の原田万美さん。4年前の震災で被害を受けた、宮城県石巻市の雄勝硯(おがつすずり)復興プロジェクトでお忙しい中、R水素の門出を祝福をしていただきました。

取材していただけるというメディアの方や講演の依頼、ビジネスのご相談があるという方はぜひご連絡ください。また、「Grid Free RH2」の見学イベントを企画していただけるという方もお待ちしております。
連絡先: contact@rh2.org

「Grid Free RH2」をはじめとする、コミュニティレベルのR水素システムを普及させていくために、みなさまからの寄付もお待ちしております。
寄付ページ:サポーター募集

脱原発、脱化石燃料、脱送電線のエネルギーシフト実現に向けてチャレンジし続けるR水素ネットワークを、これからもよろしくお願いします。

COMMUNE246 アクセス
東京都港区南青山3-13
地下鉄「表参道」駅「A4」出口から国道246号を外苑方面に徒歩2分
営業時間:11:00 ~ 22:00

© 2017 Renewable Hydrogen Network