ニュース

公式ブックレット『R水素 〜再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち』

ブックレット『R水素 〜再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち』

英語版も販売中!

クラウドファンディングでご支援いただいた英語版が完成し、Amazon Kindleとネットショップで販売中です。Give back to the world.――あなたの支援が、よりよい世界となって返ってきます。

☞ An Official Publication of the Renewable Hydrogen Network


日本語版

水素はどこから来るのか、「R水素」と「Rじゃない水素」はどこが違うのか、といったR水素の基本的な知識から、すでに動き始めている世界の数々の事例までを、一冊のブックレットに。
あのテトリスの全世界のライセンサーによるハワイのR水素牧場の様子や、表参道で運転中のR水素マシン「Grid Free RH2」の詳細なども掲載。世界初のR水素ビルを完成させたグリフィス大学については、インタビューを交えて詳しくレポートしています。
また、IMF(国際通貨基金)発表のレポートをもとに、化石燃料への巨額な補助金による「見せかけの安いコスト」についても指摘。市民によるお金の流れを変える運動の重要性を訴える、これからのエネルギーを考える上で必須のブックレットです。

☞ 表参道で運転中のR水素マシン「Grid Free RH2」の詳細も掲載!

著者:江原 春義(NPO法人 R水素ネットワーク代表理事)
監修:山根 公高(水素エネルギー協会 評議委員)

972円(税込み)/A5判/102ページ
Kindle版 777円(税込み)
発行:R水素ネットワーク

取扱店
沖縄そば岡てつ(千歳船橋) 
from Earth Cafe OHANA(三軒茶屋) 
タイヒバン(吉祥寺) 
三宅商店(那覇・WEB) 
R水素ネットワーク OFFICIAL SHOP(WEB)
Amazon Kindleストア ※電子書籍のみ

Amazon Kindle版


訂正のお知らせ

p20 水素吸蔵合金について
(誤)耐久性は10万回使って劣化が1%ですから、ほぼ半永久的といえます。
(正)吸収と放出を1万回程度繰り返して使えます。

p23 バッテリー/貯められる量
(誤)少量
(正)少量〜中量

p83
(誤)900キロワット
(正)900キロワットアワー


CONTENTS

はじめに

第1章 R水素ってなんだろう?
地球レベルの問題の元凶、現在のエネルギー構造/最も期待されるエネルギー、水素/「R水素」と「Rでない水素」/R水素の仕組み/水素の貯め方/水素貯蔵とバッテリーの比較/水素の安全性

第2章 地域自立、循環型のR水素サイクルへ
エネルギー補助金による偽りの安さ/再生可能エネルギーは送電網に頼るだけでいいのか?/地域自立、循環型のR水素サイクルへ/①地域でエネルギーを貯めて、災害に備える/②地域循環型経済/③革命的省エネルギー化/④脱化石燃料・脱原発・脱巨大送電網/⑤エネルギー貧困の解消/⑥水と酸素と水素のサイクル

第3章 世界のR水素プロジェクト
2030年の未来ではなく、すでにあります/オーストラリア グリフィス大学 太陽光×R水素/カナダ ベラクーラ 小水力発電×R水素/巨大原発企業もR水素にシフト/埼玉県庁 太陽光×R水素
4畳半の水素ステーション ごみ焼却発電×R水素/コンテナ型R水素システム/理研のR水素プロジェクト/カリフォルニア州 R水素ステーションの整備を支援/ハワイ島のR水素牧場/北海道 小水力発電×R水素/GRID FREE RH2 太陽光×R水素

第4章 R水素アクション! エネルギーを自分たちの手に取りもどそう!
エネルギーと政治/政治のプレーヤーとして行動する/お金の流れを変える/R水素コミュニティをつくろう/Think Global, Act Local

第5章 世界初のR水素ビルが完成! グリフィス大学、現地レポート
グリフィス大学 サー・サミュエル・グリフィス・センター/大規模なR水素システム/〈インタビュー〉ネド・パンクハースト副総長/プロジェクトの目的と哲学/エネルギーの性質と水素貯蔵/文化のシフト/持続可能なエネルギーのプロジェクト/コラボレーションの秘訣「コーヒーカップの法則」/〈メッセージ〉エヴァン・グレイ教授

おわりに さあ、みんなでR水素社会にシフトしよう!

Amazon Kindle版


参考リンク

本文中の参考リンクを一覧にしています。ご興味をもたれた事柄を、ぜひ詳しく調べてみてください。

※1 本村眞澄「北極圏のエネルギー資源と我が国の役割」『北極のガバナンスと日本の外交戦略』 日本国際問題研究所 2013年

「NHKスペシャル 北極大変動 第2集 氷の海から巨大資源が現れた」2008年5月26日放送

※3 「水素・燃料電池ロードマップ」水素・燃料電池戦略協議会 2014年6月23日

※4 動画「FC(燃料電池)のしくみ」 JHFC – 水素・燃料電池実証プロジェクト

※5 “Single-catalyst water splitter from Stanford produces clean-burning hydrogen 24/7” Stanford News, 23 June 2015

※6 「Kawasaki Hydrogen Road 水素社会の未来を切り拓く」川崎重工業株式会社

※7 「有機ハイドライドを使った エネルギー輸送・貯蔵・利用」千代田化工建設 2015年2月12日

※8 橋爪健一(九州大学准教授)「エネルギー材料概論」

※9 「R水素で中小企業に希望を!「世界初」ガソリン混合水素エンジン自動車がいよいよ実用化」greenz.jp 2013年1月15日

※10 「Case#3.11 科学コミュニケーターとみる東日本大震災 水素爆発はなぜ起こったか」
日本科学未来館 2011年4月13日

P30 Dr. Michael R. Swain “Fuel Leak Simulation” University of Miami, 2001

※11 「ローカルに行動し、グローバルに解決:5.3 兆ドルのエネルギー 補助金問題」iMFダイレクト 2015年5月18日

※12 “G20 countries pay over $1,000 per citizen in fossil fuel subsidies, says IMF”
The Guardian, 4 August 2015

※13 “World Urbanization Prospects: The 2014 Revision, Highlights” United Nations, 2014

※15 「風力促進へ送電網整備、官民で3000億円基金」日本経済新聞 2012年8月22日

※16 山田高明「送電線のない未来へ――脱グリッドという方向性」アゴラ 2012年7月4日

※17 「エネルギーも経済も、自分たちの手に取り戻す!地域でつくる再生可能エネルギーを知るドキュメンタリー映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』」greenz.jp 2013年7月7日

※18 「2013年の世帯あたりエネルギー支出は、年30万円を超え過去最高に」日本エネルギー経済研究所 Energy Trend Topics 2014年1月掲載

※19 「長野県内のエネルギー消費に伴う支出額と燃料費の推移」第2回 長野県地球温暖化対策戦略検討会 2011年11月18日 

「新しいエネルギー社会の実現に向けて」滋賀県エネルギー政策課 2015年7月

※20 「人口とエネルギーの関係」四国電力ホームページ

※21 ナオミ・クライン「資本主義と気候の対決」デモクラシー・ナウ! 2014年9月18日

※22 「エネルギー貧困の真相」国連大学ウェブマガジン Our World 2010年11月25日

※23 “HYDROGEN ASSISTED RENEWABLE POWER SYSTEM DISPLACING DIESEL IN REMOTE COMMUNITIES” Powertech Inc.

※24 「「太陽光発電で重要なのは、高度に地産地消であること」独シーメンス社が今年中に水の電気分解装置の実機をお披露目予定!」greenz.jp 2012年6月3日

※25 「日本初!水と太陽の光でクルマを走らせる「R水素ステーション」がいよいよ埼玉県庁に!」greenz.jp 2012年2月4日

※26 「水素を「水」から作り出す、四畳半のステーション」スマートジャパン 2014年9月22日

「特集:モビリティの、未来へ。視点1:水素社会を、現実に。」Honda Sustainability Report 2015

※27 「東芝が目指す水素社会 事例紹介 川崎マリエン」東芝 2015年

※28 「太陽光エネルギーを水素へ高効率に変換-安価で簡便なシステムにより実現-」理化学研究所 2015年4月28日

※29 「燃料電池自動車について」資源エネルギー庁 2014年3月4日

※30 「北の大地でエネルギーを「地産地消」、小水力発電で水素を作って酪農施設に」
スマートジャパン 2015年7月3日

※31 「R水素の基礎知識 水素エネルギーの政治的背景」R水素ネットワーク

※32 「レオナルド・ディカプリオさん、国連気候変動サミットで演説「歴史的な偉業を成し遂げられるか、それとも歴史から非難されるか」」ハフィントンポスト 2014年9月24日

P79 「太陽と水素でビル丸ごとオフグリッドに!オーストラリアに誕生した”R水素大学”を見学してきました[イベントレポート]」greenz.jp 2014年4月26日

P84 動画「ネド・パンクハースト副総長インタビュー」 R水素ネットワーク 2014年3月

P91 動画「エヴァン・グレイ教授インタビュー」 R水素ネットワーク 2014年3月

P102 「?から!へ。読むほどにわかるR水素」greenz.jp

© 2017 Renewable Hydrogen Network