脱原発・脱化石の切り札!R水素

R水素ネットワーク代表 江原春義による「WorldShift AcitonsのBig Vision」の講演。エネルギーのシフトは、個人のシフト、人類のシフト、文明のシフトと深く結びついています。この25分の映像を、いちど頭をリセットして、地球市民としての視点で見てみてください。いま地球が置かれている問題を、シンプルでありながら包括的に解決する鍵、R水素サイクルへの理解が深まります。


地域循環型 つくる・ためる・つかうR水素サイクル

R水素(あーるすいそ・再生可能水素)は、水の中にある水素をパートナーにすることで再生可能エネルギーのポテンシャルを高める、持続可能なエネルギーのかたちです。

自然エネルギー100%の世界へショートカットさせるR水素サイクル
◎太陽光や風力、小水力などの自然エネルギーは、電力や熱に変えることで暮らしに役立てることができますが、使いたいときになかったり、逆に余ってしまうときがあります。その欠点を補い、自然エネルギーの可能性を広げるのがR水素です。
◎自然エネルギーによる余剰電力(24時間連続運転できる、小水力や環境破壊の伴わない地熱発電、波力、潮力などの夜間電力は、さらに有効です。)で、水を電解し、水素エネルギーとして貯めておけば、必要なときに電力に戻して使ったり、車や工場を動かす動力、熱として使うことができるのです。他に人工光合成で水から水素エネルギーをとりだす方法が研究されています。


地域益→国益→地球全体の共通益
◎「R水素サイクル」は、水と酸素と水素が永遠にくるくる回るエネルギーのしくみなので、水や空気を汚すことがなく、有害なゴミを出すことがありません。
◎バッテリーと違いタンクから漏れなければ永遠に劣化しないため長期間、大量に貯蔵できますので、災害時のエネルギーセキュリティーにもなります。
◎オフグリッドやマイクログリッドでスマートになります。人っ子ひとりいない山のなかの巨大なインフラ、送電線や鉄塔、変電所なども必要なくなりますので、それらの建設、補修、メンテナンスにかかる莫大なコストから解放されます。

◎人類の4割が、今なお1日2ドル以下の収入、14億人のエネルギー貧困の人々は電力や燃料が使えません、文字通り「パワー」のない状態から脱するには、シンプルなR水素で解決させるためにも力を合わせていく緊急性があります。

◎独占できず、お金も権力も集中することがないので、紛争や貧困を引き起こすことがなく、命を傷つけることがありません。


エネルギー利用の歴史は、”新しいエネルギー源が登場するたびに、燃料中の炭素含有量が減る、すなわち炭素原子に対する水素の割合が増える”イコール脱炭素化の道をたどってきた、といわれます。R水素は、産業革命の頃から数えて200年あまりの「エネルギーの脱炭素化」の終着点にあるのです。(R水素の基礎知識 chapter2

「R水素サイクル」は、200年前の産業革命の時代に発見された技術などの組み合わせで実現できます。世界のさまざまな地域で、R水素のプロジェクトがはじまっています。
ぜひ「R水素プロジェクト」のページを見てみてください。
世界のR水素プロジェクト


最近の動き

◎60以上の市民団体と個人からなる脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会「eシフト」の「市民版エネルギー基本計画」で、R水素社会へのステップとなる「自然エネルギーの水素貯蔵」が採択されました。http://e-shift.org/?p=2301

◎政党「みんなの党」のアジェンダ(重要政策)にR水素が選ばれ、「再生可能水素(R水素)等、最先端技術に国家ビジョンを示して取り組む」と文言化されました。http://www.your-party.jp/policy/manifest.html#manifest03

◎都知事選に立候補された日本弁護士連合前会長、宇都宮健司さんの重要政策にもとりあげられました。

 


賛同団体

さまざまな団体・企業などから活動への賛同をいただいています!


世界のフィールドから サポーターの声

さまざまな分野の方から応援のメッセージをいただいています! » メッセージを読む

Copyright © 2012 Renewable Hydrogen Network All Rights Reserved.